1: 2018/01/07(日) 23:28:27.12 ID:A9qeli8H0● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典

韓国人である私が天皇訪韓に反対する理由


天皇訪問の賛成論者たちは、天皇の訪韓が両国の友好に寄与するはずだという漠然とした期待を抱いている
ようだが、私に言わせればあまりにも無責任な発想だ。

万が一天皇の訪韓中、一部の韓国人による「不祥事」が発生したら、誰が責任を取るだろうか。

 日本の官僚、政治家が韓国で罵声を浴びたり、紙くずみたいなものを投げられたりしたら、それは
「ハプニング」と思われるかもしれないが、同じシチュエーションでもその対象が「天皇」になると、
それが与える衝撃はあまりにも違う。
韓国に好意を持っていた日本人たちも堪忍袋の緒が完全に切れ、韓国に対する日本人の感情は取り返しが
つかない状況に陥るだろう。

韓国政府がデモを徹底的に取り締まり、封鎖に踏み切ったとしたら、反日集会や抗議の声は抑えられるという
楽観論を述べる人がいるかもしれない。
しかし、11月のトランプ米大統領の訪韓を思い出してほしい。当時、トランプ大統領の車が通る車道のわずか
数メートル前で行う反米デモを放置したのが韓国政府だ。

それに、予告なしの独島エビに、慰安婦ハグの洗礼である。

これが、私が天皇訪韓に反対する理由だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00010000-wedge-kr&p=3

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515335307/




3: 2018/01/07(日) 23:29:35.15 ID:XtJTLV4j0
あら、まとも。

4: 2018/01/07(日) 23:29:54.31 ID:+fEE6S1c0
しってた

6: 2018/01/07(日) 23:31:26.81 ID:PeDhdFChO
陛下が韓国なんか行くことねえから無用な心配すんな

50: 2018/01/08(月) 01:05:27.10 ID:LACkJbzc0
>>6
本人はそうでも無いから厄介だ。

13: 2018/01/07(日) 23:33:26.90 ID:g1pp8uUa0
正論を言うと韓国に帰れなくなるぞ

18: 2018/01/07(日) 23:34:20.84 ID:+fAN0muv0
> 慰安婦が抱きつき

警備ユル杉だろヲイ!
やっぱ外国の大使刺しちゃう国は違うなwwwww

21: 2018/01/07(日) 23:35:59.48 ID:cSmiuMCE0
それで済めばまだいい
日本の首相を暗殺するような民族だ
天皇陛下も殺されかねん
訪韓はダメ絶対

22: 2018/01/07(日) 23:36:37.00 ID:fqAs6Qaa0
天皇の仕事って実際大変だよな
皇居の中を探検するのは楽しそうだが

32: 2018/01/07(日) 23:49:59.33 ID:EZMNXDT90
正論だな。アメリカ駐韓大使もどうなったか分かってるし行くわけないけども

34: 2018/01/07(日) 23:53:48.65 ID:3bIpr80/0
今の世論で行くわけがない
どんだけ日本国民が嫌がるかわかるだろう

35: 2018/01/07(日) 23:54:23.17 ID:Vj+GjHkS0
今上天皇は行くかもだけど皇太子様はそこまで韓国にもこだわり無さそう
だからもう韓国訪問なんてありえんてぃーだろ

39: 2018/01/07(日) 23:58:51.84 ID:F0Ipgydo0
若いネットやってる奴は目は冷めてるな…
ネットだから過激になる人はこっちにも世界にもいっぱいいるけどさ

49: 2018/01/08(月) 00:53:49.22 ID:WZo+0n7XO
総理大臣を暗殺する様なのを英雄と称えてる乞食共なんだから
陛下の暗殺を確実に実行するだろ

53: 2018/01/08(月) 01:17:33.36 ID:LACkJbzc0
上皇になって、無いとは思うが
もし訪韓する事になったとして
韓国政府の不遜な扱いやテロの標的にされたとしら
決定的な溝が出来ることは 間違いない。

54: 2018/01/08(月) 01:19:10.47 ID:s33/70ZD0
訪韓しても友好にはならんだろ

46: 2018/01/08(月) 00:42:37.06 ID:gHcHEQl60
天皇は日本の発展に必要な友好国の発展も願い訪問するわけで
友好国以前の国際的なルールを軽視する国は訪問に値しないだけ

訪韓できるほど韓国が成熟してほしかったと言う意味なのだぞバッカモン

にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ
にほんブログ村