色々まとめ速報

  • Twitter
  • RSS

    政治

    1: 2017/12/18(月) 19:36:42.55 ID:sNdzaj6C0 BE:665913571-2BP(1001)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_01.gif
    小池百合子東京都知事の支持率が過去最低 11ポイント減の29% 希望の党幹部「もう党と関係ない」 

    産経新聞社とFNNの合同世論調査では、希望の党前代表の小池百合子東京都知事の支持率が
    29・0%(前回調査比11・2ポイント減)で、過去最低を記録した。
    衆院解散前の9月には66・4%に達していた高支持率は、もはや見る影もない。

    小池氏は前回調査直後の11月14日に希望の党代表を辞任し、都政に専念する構えを示したが、 支持率浮揚に結びつかなかった。
    党幹部は18日、「小池氏はもう党と関係ないから、(支持率低下の)影響はない」と冷ややかに語った。
    http://www.sankei.com/politics/news/171218/plt1712180042-n1.html
    no title


    引用元:

    【【世論調査】 小池百合子都知事の支持率29.0%(11.2%減↓↓) 小池信者どこ行ったんだよ…】の続きを読む

    1: 2017/12/18(月) 12:16:24.71 ID:whrLr+7/0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
     加計学園の獣医学部新設問題を巡って「総理の意向があった」と記された文書の存在を証言した前文部科学事務次官の前川喜平氏(62)が16日、ラジオ文化放送の「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNews CLUB」(土曜午後1時)に生出演し、
    学園新設の責任者は「安倍総理だと思います」と明言し、「安倍さんはひたすら逃げ続けるしか手がないのでしょう」と厳しく追及した。

     前川氏は番組パーソナリティーを務める田村淳とゲストで憲法学者の木村草太氏の問い掛けに答える形で、学園新設のプロセスについて言及。
    「一連の問題の責任を取るべき人は誰か」という淳からの直球質問に「私は安倍総理だと思います。
    ご自身が指示したかどうかはともかく、責任ある組織が動いた。国家戦略特区の中で加計学園を認めたわけで、ゴーサインを出したのは安倍総理。
    不公正で不透明なプロセスを経て特例を認めた責任は安倍総理にあると思います」と話した。

     国会では、野党が官邸の働き掛けを追及しているが、安倍首相は問題への関与について否定している。

     前川氏は「加計学園獣医学部を今治に(平成)30年(2018年)4月に開設しなければならないと、総理がお尻を切っている、
    総理の意向だということが文部科学省に伝わってきている」とあらためて強調。2015年4月2日に加計学園関係者と愛媛県、
    同県今治市の職員が首相官邸を訪れている点についても触れ「官邸に1時間半いた。
    そこで誰に会って何を話したかはブラックボックスになっている」と厳しく追及した。会合では総理秘書官が学園関係者と会ったとされているが「事前に総理の了承がなければ官邸での会合はない。
    加計ありきの新設が決定的だった」と語った。安倍総理は国会で2017年1月20日に加計学園の新設を知ったとしているが、この説明が矛盾しているとも指摘した。

     前川氏は「安倍総理は逃げ続けるしか手がない。部下たちに『知りません。記憶がありません』と言わせて、ひたすら逃げ続けるしかないでしょう」とも話し、淳から「(安倍自民は)選挙でも勝った。
    逃げ切れると思うか」と問われると「これが逃げ切れるなら私は日本の民主主義を疑う」と踏み込んだ。

    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201712160000598.html
    no title


    172: 2017/12/18(月) 13:24:50.37 ID:Mzb6n2VE0
    >>1
    このオッさんをわざわざゲストに呼ぶ番組ってアホだなぁ。

    引用元: http://hayabusa3.5ch.net/test/read.cgi/news/1513566984/

    【【加計】前川喜平氏「指示したかどうかはともかく安倍総理に責任がある」 】の続きを読む

    1: 2017/12/18(月) 14:09:18.45 ID:UtbdbpqQ0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
    支持率を追う
    日経世論調査アーカイブ
    12月の安倍内閣の支持率は50%だった。前回調査より2ポイントの下落。不支持率は40%となった。
    年収850万円超の会社員の所得税が増税になる税制改正について賛成55%、反対30%。
    空自戦闘機への巡航ミサイル導入は賛成51%、反対36%だった。
    https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/cabinet-approval-rating/


    野党支持率、足しても19% 立民10%に下落
     日本経済新聞社の世論調査で、野党各党の政党支持率は合計で19%にとどまった。11月下旬の前回調査では22%あったが、2割を切った。
    立憲民主党の政党支持率は10%で、前回から4ポイント下落した。民進党と希望の党は1%だ。一方、自民党は40%(前回は39%)で、野党との開きが大きい。
     野党各党の政党支持率の合計は民進党、立憲民主党、希望の党、共産党、日本維新の会、自由党、社民党を足し合わせた。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24744390X11C17A2PE8000/

    no title


    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513573758/

    【安倍内閣支持率50% 高所得会社員増税「賛成」55% 巡航ミサイル導入「賛成」51% 】の続きを読む

    1: 2017/12/16(土) 11:59:17.60 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/column/news/171216/clm1712160004-n1.html

     美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長が今月6日、米ニューヨークでの競売で『昭和天皇独白録』の原本とされる文書を落札したとの記事を目にし、久しぶりに同書を読み返した。「現代史、なかでも昭和史にもっとも精通した歴史的証人」(現代史家の秦郁彦さん)である昭和天皇の目に、世界はどう映ったか。

     ▼昭和天皇は、大東亜戦争の遠因として、第一次大戦後の1919年のパリ講和会議で、日本が提出した人種差別撤廃案が否決されたことを挙げている。それに加えての24年の米排日移民法成立は、「日本国民を憤慨させるに充分(じゅうふん)なもの」だったと。

     ▼41年に米国が日本への石油輸出を禁止したことについても、日本を窮地に追い込んで「万一の僥倖(ぎょうこう)に期しても、戦つた方が良いといふ考が決定的になつたのは自然の勢」と述べている。平和を希求しながらも視線は冷徹で、合理的である。

     ▼その昭和天皇も現天皇陛下も、国民と国家の安寧と繁栄を祈る宮中祭祀(さいし)を大切にされてきた。政府が当初温めていた平成31年元日の譲位・改元案を取り下げたのも、「元日は早朝から重要行事が続く」との宮内庁の指摘をきちんと受け止めたからだろう。

     ▼ところが、今月1日の皇室会議で30年12月末の譲位を主張した赤松広隆衆院副議長の考えは違ったようである。産経新聞の取材では、常陸宮ご夫妻も出席された皇室会議で「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」「年末年始の宮中行事は陛下である必要はない」などと説いていた。

     ▼この際、皇室典範を改正して衆参両院の議長、副議長が自動的に皇室会議の議員になるという在り方は改めてはどうか。過去の議長、副議長を振り返っても不適格者は相当にいそうである。

    no title


    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513393157/

    【【皇室会議】立憲民主党・赤松広隆(口蹄疫)「皇室の神事は国民生活に何の関係もない」 】の続きを読む

    1: 2017/12/16(土) 01:32:21.42 ID:aQfcjHrMd
    私は職業上、いくつかの大学で日々学生に接している。今回の総選挙では実際、多くの学生が自民党を支持していることを知った。
    その理由について私の分析が正しいのか不安であったが、学生たちにその理由を聞いてみると、どうやらこの仮説は間違っていないようだった。

    彼らの言葉をまとめると次のようになる。

    「民主党政権の失敗の記憶は強く残っている。今回の総選挙には希望の党などいくつもの新党が登場したが、きちんとした政策もなければ経験もない。

    そんな政党が政権についていいのだろうか。失敗したら民主党と同じように無責任に投げ出してしまうのではないかと思ってしまう」

    「自民党には実績と経験、安定感がある。それに対し野党は頻繁に分裂したり、有権者の気を引くために政党名を変えたりしている。
    目の前には財政再建問題や少子高齢化、社会保障制度の見直しなど重い問題が控えている。こういう課題を新党に任せられるとはとても思えない。だから消極的選択ではあるが、自民党しか選べない」

    若者はイデオロギーの意識はなく現実的に動く
    どうやら今の若い世代に保守とか革新などというイデオロギー的な意識はまったくなさそうだ。
    財政危機や年金制度の破たんなど将来に不安しか抱けない世代が、問題を解決できる実務能力のある安定した政治を求めるのは至極当然であろう。
    つまりかれらは極めて現実的なのである。だから、選挙のたびに有名人を掲げてできた新党などには信頼がおけない、それ以上に否定すべき対象でしかないのだ。

    今後、彼らは40代、50代となり、社会の中核を担っていくことになる。いまのままだと彼らは自民党にとって貴重な得票源になっていき、その結果、自民党政権が継続することになってしまうだろう。
    そんな事態を変えるには、野党が根本的に発想を変える必要がある。今回の総選挙が示したことは、有権者に媚びを振りまくような新党作りはもはや相手にされないということである。
    多少、時間はかかっても民主党失政の負の記憶を消すことができるような安定感のあるしっかりとした政党を作っていくしかないのである。

    http://toyokeizai.net/articles/amp/195199?page=4 
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1513355541/

    【東洋大教授の薬師寺克行さん、若者の安倍政権支持の明確な理由を見つけてしまう 】の続きを読む

    1: 2017/12/14(木) 19:34:21.76 ID:vwes0xm50 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    民進党の混乱が続いている。

    14日に所属国会議員の会議を開き、新党結成など党の再生案について議論したが、会議は大荒れとなった。

    民進党内では、イメージ刷新のために新党を結成したい勢力と、党を存続させたい勢力が激しく対立している。
    14日の会議では、立憲民主党や希望の党に対して将来的な合流も視野に統一会派を申し入れることや、新党
    の結成や党名変更などの選択肢が示された。

    出席議員からは、「選挙を考えれば年内に新党結成が望ましい」との意見が出た一方、「新党に看板を変えても
    厳しい状況は変わらない」といった声もあがった。

    これに対し希望の党の玉木代表は、「野党がバラバラでは与党と戦えない」として民進党が今の混乱に早く決着
    をつけ、希望の党と連携する態勢を整えることに期待感を示している。

    一方、立憲民主党の幹部は、「民進党との統一会派は実現可能性ゼロだ」と語るなど党対党の連携ではなく議員
    個人としての移籍に期待している。

    こうした中、蓮舫元代表は会議後、立憲民主党への入党を検討する考えを示した。

    民進党・蓮舫元代表「(民進党は)このままどこに歩んでいくのかが正直、見えない状態です。近く枝野代表に会って、
    立憲民主党はどういう政党なのかのお話を、直接うかがおうと思いました」

    民進党執行部は、年内に決着を図りたい考えだが、意見がまとまる見通しは立っていない。

    http://www.news24.jp/articles/2017/12/14/04380533.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513247661/

    【蓮舫・立憲民主党への入党へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ