色々まとめ速報

政治やニュースを中心にまとめています

  • Twitter
  • RSS

    スポーツ

    1: 2018/04/04(水) 21:08:38.80 ID:iPgRNqLf00404
    no title

    京都府舞鶴市で4日に開催された大相撲舞鶴場所で、土俵上で多々見良三市長があいさつ中に倒れた。観客によると、複数の女性が土俵上で心臓マッサージなどをしていた際、
    女性は土俵から降りるようにとの場内アナウンスが数回にわたり行われたことが分かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000065-kyt-l26

    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1522843718/

    【【悲報】相撲協会さん、人命よりも伝統を優先、駆け付けた女性救命士に女は土俵に上がるな】の続きを読む

    1: 2018/03/28(水) 22:08:02.10 ID:CAP_USER9
    no title

    沈痛な面持ちで会見を開き、謝罪した大相撲の貴乃花親方について、東京相撲記者クラブ会友の銅谷志朗氏は「相当泣いたのかもしれない」との見解を示した。会見直前には、貴乃花親方が一連の言動を説明するため、親方(年寄)が集う「臨時年寄総会」が開かれた。銅谷氏は「親方衆から、かなり厳しい内容の意見があったと聞いている」と「袋叩き」の状況を伝えている。

    「目の下にクマができています」

    日本相撲協会は2018年3月28日の理事会で、貴乃花親方が「役員待遇委員」から「委員」へと1階級降格し、審判部に配属すると決定した。三月場所前に協会への告発状を内閣府に提出し、場所中は連日の欠勤、弟子の十両・貴公俊の暴行事件などの責任が問われた。協会に必要な手続きを取らずにでテレビ出演していたことも問題視された。

    こうした経緯について同日の臨時年寄総会で親方衆に説明。通常は10分程度で終わる総会は、この日は2時間に及んだ。総会後に各一門代表の6人が会見し、二所ノ関一門の高田川親方(元関脇・安芸乃島)は「(貴乃花親方は)本来なら契約解除にあたることを6個も7個も違反しているんですね。明日の理事会にすべてお任せする形になりました。契約解除が妥当ではないかという方もいました」と糾弾しつつ、総会の憤懣やるかたない状況を語った。

    その後、会見した貴乃花親方は、沈痛な面持ちとどこか虚ろな目で弱々しく語った。「これまでの私の行動で協会の皆様に多大なご迷惑をおかけしたことをお詫びしました。深く反省しております」「貴公俊のことがございまして、監督責任が十分に私にあると思います。私の行動から襟を正さなければという思いです」。

    告発状については「本日取り下げ状を内閣府に提出したと報告しました」という。銅谷志朗氏は28日夕の「news every.」(日本テレビ系)に出演し、「こういう貴乃花の落ち込んだ顔は、私初めて見ました」と驚いた。

    “「目の下にクマができています。相当泣いたのかもしれないし、睡眠もとれてなかったのではないかという感じがします。ただ、風当りは相当強かったようですよ」(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/J-CASTニュース
    https://www.j-cast.com/2018/03/28324796.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=2#cxrecs_s

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1522242482/

    【貴乃花、年寄総会で「袋叩き」「泣いたかもしれない」 】の続きを読む

    1: 2018/03/24(土) 22:08:20.26 ID:CAP_USER9
    ◆フィギュアスケート世界選手権 最終日(24日、イタリア・ミラノ)

    男子フリーが行われ、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー179.51点、合計273.77点で2大会連続銀メダルだった。また、友野一希(19)=同大=は自己ベストを大きく更新するフリー173.50点、合計236.66点で5位に入り、日本勢上位2人の合計順位点が13点以内となり、来年埼玉で行われる世界選手権での「3」枠を確保した。優勝はネイサン・チェン(18)=米国=で統計321.40点、平昌五輪の悔しさを晴らす世界選手権初Vとなった

    男子フリーが行われ、宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=はフリー179.51点、合計273.77点で2大会連続銀メダルだった。また、友野一希(19)=同大=は自己ベストを大きく更新するフリー173.50点、合計236.66点で5位に入り、日本勢上位2人の合計順位点が13点以内となり、来年埼玉で行われる世界選手権での「3」枠を確保した。優勝はネイサン・チェン(18)=米国=で統計321.40点、平昌五輪の悔しさを晴らす世界選手権初Vとなった。

    平昌五輪銀メダルの宇野は、現地入りしてから右足甲を負傷した影響でショートプログラム(SP)5位と出遅れた。フリーでも冒頭の4回転ループなどで転倒したが、後半のコンビネーションジャンプを成功させるなど、痛みに耐えて踏ん張った。

    右足首故障で欠場した羽生結弦(23)=ANA=に代わり、初の世界選手権出場となったシニア1年目の友野は、自己ベストを大きく更新。日本の3枠獲得に大きく貢献した。

    田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=は合計236.66点だった。

    現地時間で前日の23日(日本時間24日早朝)に行われた女子では、樋口新葉(17)=東京・日本橋女学館高=が銀メダル、宮原知子(19)=関大=が銅メダルを獲得しており、地元開催となる来年の世界選手権で男女とも「3」枠を確保した。

    樋口と宮原は、男子フリーをスタンドから観戦。2人は日の丸の小旗を手にして日本勢男子に「がんばれー」と声援を送り、友野の演技の後にはスタンディングオベーションで健闘を称えていた。

    フィギュアスケート世界選手権出場枠

    来年の出場枠は今大会の順位点によって決定。1位~15位までは順位がそのまま得点になり、16~24位は16点、25位以下は18点。日本が最大の3枠を得るには、3人のうち上位2人の合計が13点以内が条件。14~28点なら2枠、29点以上だと1枠となる。

    3/24(土) 22:04配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180324-00010005-spht-spo

    写真
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521896900/

    【【フィギュアスケート】宇野昌磨、右足甲の痛みに耐えて銀メダル】の続きを読む

    1: 2018/03/21(水) 12:42:46.19 ID:CAP_USER9
    no title

    横野レイコリポーター、弟子の暴行問題を受け改心の貴乃花親方に「やっとつきものが取れた」
    2018年3月21日12時24分 スポーツ報知
    http://www.hochi.co.jp/sports/sumo/20180321-OHT1T50094.html
    no title

    ファンにサインをする貴乃花親方(カメラ・石田 順平)

    相撲取材歴30年の横野レイコリポーター(55)が21日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に生出演し、大相撲春場所8日目(18日)の取組後に東十両14枚目・貴公俊(たかよしとし、20)が付け人の序二段力士を暴行した問題を受け、、師匠の貴乃花親方(45)=元横綱=が20日に後悔の念を口にしたことに自身の見解を示した。

    横野リポーターは現在の貴乃花親方を「本当に落ち込んでいらしゃる」とした上で日馬富士の暴行事件が発覚してから「これまで11月から本当に怒って、怒りきって、とんがりまくっていたんですよ、取材してても。最後は告発文まで出していったので怒りが収まらなくて」と明かした。

    こうした中で起きた今回の問題を「今回のことでやっとつきものが取れたというか改心された感じが逆に不幸中の幸いというか。ここで止まって、親方自身も怒りを止めるブレーキがなかったと思う。こういうことがあって残念だけど、これで変わったことはある点では良かったなと私、思っているんです」と持論を展開していた。

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521603766/

    【【大相撲】横野レイコ、弟子の暴行問題を受け改心の貴乃花親方に「やっとつきものが取れた」 】の続きを読む

    1: 2018/03/21(水) 22:31:59.69 ID:CAP_USER9
    no title

    日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)に新たな疑惑が浮上した。
    強化指定選手に関する強化費、計720万円が、指導実態のない栄監督の妻である後藤優子さん(仮名)に支払われていたことが「週刊文春」の取材によって明らかになった。

    有望選手は世界選手権などの成績に応じ、JOCの強化指定選手に選ばれる。
    2012年までは選手1人につき、コーチとして2人の専任強化スタッフが登録され、日本スポーツ振興センター(JSC)を通じ助成金が支払われていた。
    専任強化スタッフは選手のスポーツ活動に対して日常的な指導等を行う者に限られていた。

    栄氏は前妻と離婚後、08年に19歳年下で、中京女子大の教え子だった後藤氏と再婚。
    JSCのデータベースで確認すると、少なくとも07年から12年までの6年間にわたり、毎年120万円ずつ合計720万円の助成金が後藤氏に支払われていた。

    ところが後藤氏がスタッフとして登録されていた強化指定選手の1人はこう明言する。

    「私は、優子さんの指導を受けたことは一切ありません。
    強化指定選手自らがコーチを選ぶことはありませんが、優子さんがスタッフだったことを初めて知りました。
    それは栄監督が決めていることだと思います」

    08年から後藤氏は、吉田沙保里の強化スタッフとして登録されている。
    後藤氏と、3歳年下の吉田はプライベートで極めて親密な間柄で知られている。

    「8年前から栄夫妻と吉田は、同じマンションの隣同士の部屋で暮らしています。
    ただ、優子さんが吉田を指導している姿を見たことがありません。
    そもそも引退後、高校教員だった優子さんが技術面で金メダリストに教えられることはないでしょう」(同前)

    栄氏に至学館大学を通じて取材を申し込んだが、期限までに回答はなかった。
    3月22日(木)発売の「週刊文春」では栄氏の金銭を巡る疑惑に加え、谷岡郁子至学館大学長(63)の訴訟トラブルや、参院議員時代の選挙違反事件についても詳報している。
    また「週刊文春デジタル」では、栄氏からのパワハラ被害を受けた教え子の〈告白動画〉を3月22日(木)朝5時より公開する。

    http://bunshun.jp/articles/-/6637


    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521639119/

    【レスリング・栄和人に新たな疑惑 指導実体の無い妻にJOC強化費720万円】の続きを読む

    1: 2018/03/19(月) 19:59:25.80 ID:CAP_USER9
    no title

    女子レスリングのパワハラ問題を受け、内閣府に告発状を提出した一人である元レスリング日本代表の安達巧氏が19日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の独占インタビューに応じ、伊調馨が所属先のALSOKの広報部に配属されたことについて「お金だけもらって仕事もしないで練習もしないという状況に耐えかねて」と、敢えて広報部に異動したのではないかと反論した。

    番組では、至学館大の谷岡郁子学長の会見と、2日前に行われた至学館大の卒業式での谷岡学長の式辞などを紹介した。谷岡学長は会見の中で「そもそも伊調選手は選手なのでしょうか」「むしろこの1月からはそれまでの選手契約から社員としての契約に変わっていると。広報部に配属されたと協会にもあいさつにみえたと聞いている」と発言し、物議を醸したが、これに反論したのが安達氏だ。

    番組のインタビューに応じた安達氏は、伊調が選手契約から社員契約になったことに「彼女としては、レスリングをやりたくてもやる場所がない。ある意味お金だけもらって、仕事もしないで練習もしないでという状況に耐えかねたと思う」と、やむにやまれぬ気持ちで異動したのではと反論。「何らかの形で会社のために仕事をするというのが彼女の純粋な気持ちだと思う」と訴え、谷岡学長の言い分は当たらないとしていた。

    伊調は今年1月にこれまでの教育・訓練部から広報部へ異動している。

    ソース/デイリースポーツ
    https://www.daily.co.jp/general/2018/03/19/0011083004.shtml

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1521457165/

    【【レスリング】元日本代表の安達巧「伊調馨の広報部異動はお金だけもらって練習しない状況に耐えかねて」】の続きを読む

    このページのトップヘ