色々まとめ速報

  • Twitter
  • RSS

    朝日新聞

    1: 2018/02/20(火) 12:34:58.47 ID:0eCHuiVb0 BE:844481327-PLT(12345)
    安倍晋三首相は18日、東京・富ケ谷の私邸近くを約1時間半、散歩した。
    代々木公園ではジョギング中の男性から「憲法改正しないでください」と声をかけられたが、言葉を返さずに歩き続けた。

    首相の散歩は珍しいが、今月12日に続いて2週連続となった。
    記念撮影に応じたり握手をしたりする場面もあり、私邸に戻ると記者団に「気持ちよかったです」と語った。
    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL2L61NCL2LUTFK00D.html
    ↓   ↓   ↓

    阿比留 瑠比

    これ、関係者に取材したところ、安倍首相も秘書官もSPも、誰も聞いていないというのですよね。
    相手は走っているのだし、安倍首相側も早歩きの最中ですしね。というか、朝日の記者は現場にいたのかな?。
    まあ、首相に声をかけたら必ず返答があると思うほうがどうかしていると思いますが、何か変ですね。

    https://www.facebook.com/rui.abiru/posts/1813598092018167
    no title

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519097698/

    【朝日新聞「散歩中の安倍首相が『改憲しないで』との声を無視した」→ 誰も聞いてない事が判明w 】の続きを読む

    1: 2018/02/16(金) 10:48:44.96 ID:SK5qw8z80● BE:565421181-PLT(13000)
    公開的に恥をかかせてフェイスブックで批判…安倍氏、朝日新聞の誤報列挙


    「これは私が書いた。以前、私がNHKに圧力をかけたとねつ造報道をしたことがあるが、
    朝日新聞は私に一度も謝らない」。

    13日に衆議院予算委員会に出席した日本の安倍晋三首相が野党の希望の党の
    今井雅人議員の質問にこのように答えた。
    安倍氏はこの文で「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳」と書き込んだ。

    朝日は日本経済新聞と共に日本を代表する権威ある新聞だ。
    進歩的指向の朝日は保守指向である安倍氏とは世の中を見る視角が違ってしかるべきだ。
    このような朝日新聞を安倍氏はいつも「目の敵」にし、朝日の誤報を素材としてこれまで
    溜まっていた感情を爆発させた様子だ。

    教科書採択などの歴史歪曲問題や慰安婦問題などに関して朝日新聞は2000年代
    中盤から安倍氏と対立してきた。

    このような対立の中、市中には『なぜ朝日新聞はかくも安倍晋三を憎むのか』などの本まで出ている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180216-00000007-cnippou-kr

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518745724/

    【【なんでかなー】朝鮮日報が、朝日新聞を批判した安倍総理を猛攻撃「進歩派を目の敵にする総理」】の続きを読む

    1: 2018/02/15(木) 11:18:58.59 ID:3KAzEbzm0● BE:565421181-PLT(13000)
    no title

    (社説)高校指導要領 木に竹を接ぐおかしさ


    「多面的・多角的な考察」が全体の基調なのに、こと愛国心や領土問題となると政府の立場を強く押し出す――。2022年度から実施される高校の学習指導要領の改訂案は、木に竹を接いだような内容だ。

    領土問題に関する書きぶりを見ても、たとえば「尖閣諸島は我が国の固有の領土であり、領土問題は存在しないことも扱うこと」などとなっている。

    政府見解を知識として生徒に伝えることは大切だ。だが「これを正解として教え込め」という趣旨なら賛成できない。相手の主張やその根拠を知らなければ、対話も論争も成り立たない。
    他者と対話・協働して課題を解決する。それが新指導要領の理念ではなかったか。

    いま、政権批判や在日外国人の存在そのものを「反日」と決めつける風潮がはびこる。
    それだけに、日本の立場をひたすら強調する方向での記述の変更には、危うさを覚える。

    もっと教師を信じ、その自主性に任せていいはずだ。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13359788.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518661138/

    【【アホの朝日新聞】尖閣諸島は日本の領土、などと偏った見方を教科書に記載する安倍には賛成できない】の続きを読む

    1: 2018/02/13(火) 23:59:14.48 ID:CAP_USER9
    no title

    平昌(ピョンチャン)冬季五輪代表のスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧(けい)選手(神奈川大)が江陵(カンヌン)選手村で受けた4日の抜き打ち検査で陽性反応を示し、ドーピング隠しの目的を疑われる「アセタゾラミド」が検出された今回の件は、本人を含め日本関係者の説明を聞く限り、謎が多い。

     斎藤選手は声明で、こう主張した。「身に覚えのないことで不可解。潔白を証明するために戦っていきたい」

     反ドーピングの講習会などを受け、体調を崩したときに処方される薬については専門家に相談してきた。日常の食事や飲み物にも気をつけていたという。ショートトラックの川崎努監督は「若くして頭角を現したので、ドーピングの講習を受け、意識の高い選手」とかばった。

     1月29日の国内合宿中に受けた検査では陰性だったわけで、その後の6日間で「偶発的に起きた出来事により、禁止薬物が無自覚のまま口に入ってしまった」(斎藤選手)ことになる。この禁止物質は処方箋(せん)が必要。「うっかり」で摂取する可能性は低い。

     となると、誰かが飲食物に混入した可能性が浮上する。今年1月、カヌーの国内トップ選手がライバルの同僚を陥れるために禁止薬物を飲料水用ボトルに混入する悪質行為が発覚したのは、記憶に新しい。

     しかし、栄えある五輪代表に選ばれ、一丸となって平昌に乗り込むリレーメンバーの仲間が薬物を混入するとは考えづらい。斎藤選手は今回が五輪初出場。リレーの補欠の立場で、ここまで出場機会はなかった。

     スポーツ仲裁裁判所(CAS)の最終的な裁定は大会後に行われる。日本選手団の斎藤泰雄団長は「今の段階では、陽性に反証するデータを提示できない」と語った。その状況は、時間が経過することで好転する可能性は低い。衝撃的な薬物混入事件に続き、反ドーピングの優等生だったはずの日本スポーツ界のイメージダウンは否めない。(編集委員・稲垣康介)

    2018年2月13日18時57分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL2F5DSLL2FUTQP029.html?iref=comtop_8_02

    関連スレ
    【平昌五輪】ショートトラック代表 、齋藤慧選手 ドーピング陽性で資格停止 CAS/JOC ★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518511128/

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518533954/

    【【平昌五輪】朝日新聞「ドーピング陽性の斎藤、何者かに混入された可能性」】の続きを読む

    1: 2018/02/13(火) 22:39:13.62 ID:CAP_USER9
    no title

    13日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が朝日新聞の過去の“誤報”を列挙し、誤りをなかなか認めない同紙を批判する場面があった。

     首相は、学校法人「森友学園」をめぐり学園側が「安倍晋三記念小学校」との校名を記した設立趣意書を提出したと報道した朝日新聞を
    「全く違ったが、訂正していない。(趣意書の)原本にあたり、裏付けを取るという最低限のことをしなかった」と批判した。

     朝日新聞は6日付朝刊で、記事掲載に至った経緯を検証した。
    首相は、この記事を取り上げた自民党議員のフェイスブックに「哀れですね。朝日らしい惨めな言い訳。予想通りでした」とコメント。

    予算委で、希望の党の今井雅人氏に首相自身が書き込んだのか問われて「私が書いた」と認めた。

     その上で、検証記事について「裏付けを取らなかったことへの言及がなく、あきれた」「今まで(の朝日新聞の姿勢)をずっと見てきて、
    予想通りだったということを述べている」と語った。

     首相は、自民党幹事長代理だった平成17年、NHK番組の放送前に政治介入したと報じた朝日新聞の記事にも言及。
    「かつてNHKへ圧力をかけたという捏造(ねつぞう)報道をされたことがある」「彼ら(朝日)が間違っていたと一度も書かない。私に一度も謝らない」と語気を強めた。

    元年に朝日新聞カメラマンが沖縄県のサンゴに自ら落書きして報じた件や、東京電力福島第1原発事故の「吉田調書」をめぐる誤報も取り上げ、
    「なかなか謝らなかった」などと述べた。朝鮮半島で女性を強制連行したとする故吉田清治氏の偽証の報道については「日本の誇りを傷つけた」と批判した。

    http://www.sankei.com/politics/news/180213/plt1802130019-n2.html
    http://www.sankei.com/politics/news/180213/plt1802130019-n1.html

    https://twitter.com/take_off_dress/status/963232288111697921

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518529153/

    【【動画】安倍首相、国会答弁で『朝日新聞』をフルボッコしてしまうwww】の続きを読む

    1: 2018/02/10(土) 11:56:15.80 ID:CAP_USER
    no title

    連載:社説
    (社説)日韓の首脳 往来交流の歩を重ねよ

    2018年2月10日05時00分

    日本と韓国の首脳が互いに訪ねあう関係を固められるよう、歩みを重ねていきたい。

    平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式にあわせて安倍首相が訪韓し、文在寅(ムンジェイン)大統領ときのう会談した。文政権の発足後、安倍氏が訪韓するのは初めて。6年間止まっていたシャトル外交が再開したと受けとめられている。

    多くの利害を共有する日韓のリーダーが、意見の違いがあっても頻繁に会う。小泉純一郎・盧武鉉(ノムヒョン)両政権下で始まった隣国間の外交の心得である。文氏は会談の冒頭、往来外交を再開する意思を明示し、「首脳間のコミュニケーションを強化していきたい」と語った。今後の確かな進展を望みたい。

    つぎは文氏が来日する番である。4月にも日本で想定された日中韓首脳会談がその機会と期待されたが、中国の事情でずれこむ可能性も出てきた。そうであれば文氏の単独での日本訪問も模索すべきだろう。肩ひじを張らない首脳の往来を今度こそ止めてはいけない。

    安倍氏はきのうの会談で、自身の地元山口県・下関と釜山の地方交流に言及し、未来志向の関係を呼びかけた。市民同士の関係と同様に、首脳間でも率直なつきあいを深めてほしい。6年前に往来が途絶えたのは、慰安婦問題をめぐる主張の違いからだった。きのうの会談でも主題の一つになり、互いが自らの主張をぶつけ合った。

    両政府の間には、2年あまり前に交わした政治合意がある。最近の大きな動きは、韓国側でおきた。文政権は先月、合意の過程で問題があったとし、日本側に再交渉は求めないとしつつも自発的な謝罪を促した。何ともわかりにくい主張であり、履行の意思が疑われても仕方がない。約束通り合意にもとづく財団を通じて、元慰安婦の心の傷を癒やす事業に粛々とあたるべきだ。

    一方、安倍氏は合意を「1ミリたりとも動かす考えはない」と繰り返している。

    合意には両政府が協力して事業にあたることが盛り込まれている。ことさら相手を突き放す言動をとるのは不適切であり、事態をこじらせるだけだ。両首脳がきのう、北朝鮮問題の意見交換に時間をさいたのは当然だろう。金正恩(キムジョンウン)政権は、五輪を機に韓国に対し融和攻勢をかけている。韓国と日米の間の結束が試されているときだ。

    歴史問題などで応酬があろうとも、安保・経済・環境など幅広い分野での協調の意義を見失わない。そんな冷静さを両政府ともしっかり保ってほしい。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13353236.html

    引用元: http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518231375/

    【【朝日新聞】「1ミリたりとも動かす考えはない」と繰り返す安倍が事態をこじらせている】の続きを読む

    1: 2018/02/09(金) 11:18:11.29 ID:mfPX33pz0
    ---下町ボブスレーのプロジェクトを発足したのは、細貝さんだとお聞きしています。どんな経緯で始まったのでしょうか?

    細貝
    はじめからボブスレーのマシンを作りたいと思っていたわけではなく、将来的な会社の経営危機を見据えてスタートしたんです。
    私が経営している株式会社マテリアルは、アルミ、ステンレス、銅など数多くの素材を販売しています。
    2000年はじめ、第三世代携帯が普及して液晶パネルの需要が伸びました。
    私たちもその追い風を感じていましたが、その後ITバブルが崩壊すると、
    このままでは10年先に仕事がなくなるかもしれないという危機感が出てきたんです。

    ---新規参入は大変だと思いますが、ボブスレーがビジネスになると思われた理由は?

    細貝
    まず、大手企業が参入していなかったことが挙げられます。
    大手がライバルだったら勝ち目はないかもしれませんが、国内市場において競合となるところはありません。
    それに、私たちのように「地域発で世界を目指す」ことを前提に取り組み始めたところはないでしょうから、
    本気で向かえば十分参入余地はあります。

    ---それまで、ボブスレーの開発経験はあったんですか?

    細貝
    いえ、まったく(笑) 
    幸い私たちは自動車の空力解析の実績があったので、自動車でできることであれば、できるに違いないという見込みはありました。
    自動車の場合、前後の空気抵抗だけでなく浮き上がりなど上下も考えなければいけませんが、
    ボブスレーは主に前後だけでいいと言われていたので、それであればこれまでの経験から導きだせるかもしれないと判断したんです。

    https://cybozushiki.cybozu.co.jp/?p=9613

    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1518142691/

    【【悲報】下町さん「ボブスレーの開発経験はないが、大手企業が参入してないから勝ち目があると思った」 】の続きを読む

    このページのトップヘ