色々まとめ速報

  • Twitter
  • RSS

    朝日新聞

    1: 2017/12/31(日) 14:46:48.73 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/109444

    no title

    no title


    朝日新聞の東京本社がある築地にて、日経新聞が強烈な風刺を仕掛けているとネット上で話題だ。朝日新聞のこととは名指ししていないものの、意図的に合わせに来ているように思える。
    築地駅にて。

    出典:https://twitter.com/Intercandle/status/946911013017755648

    まるで朝日新聞記者の心情を表すかのような一コマだ。こちらは日経と横山三国志のコラボ作品で大規模に広告が展開されている。

    この他にも朝日新聞を揶揄していると受け取れるようなバージョンがあり、ネット上では評判が高い。

    朝日新聞は論説委員がコラムと書籍で「エビデンス?ねーよそんなもん」と書いているのが見つかってあるまじき事態だとバッシングされている最中だ。コラボ広告、全50作品のうち記念すべき50番目の作品は(朝日新聞に対する?)この強烈なツッコミだった。
    netgeek編集部ではこの三国志コラボの広告のうち、特に秀逸なものをざっとまとめてみた。

    (略)

    仕事をしていたら誰もが直面するようなあるあるネタが三国志で描かれていて各駅で眺めるのが面白い広告だ。朝日新聞以外にも何らかの風刺になっている広告があるのかもしれない。

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1514699208/

    【日経新聞「エビデンス?ねーよそんなもん」の朝日新聞に強烈な風刺をぶち込む】の続きを読む

    1: 2018/01/01(月) 12:10:25.58 ID:4aw+ya8C0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    現在の安倍政権になって6回目の新年を迎えた。近年まれな長期政権である。

    しかし、与えられた豊富な時間を大切に使い、政策を着実に積み上げてきただろうか。

    正味5年の在任で、例えば、社会保障と税という痛みを伴う難題に正面から取り組んだとはいえまい。
    持論の憲法改正も、狙いを定める条項が次々変わり、迷走してきた感が深い。

    原因の一つは、国政選挙を実に頻繁に行ったことにある。

     ■場当たり的政権運営

    政権を奪還した2012年12月の衆院選まで含めて数えると合計5回。ほぼ年に1回の勘定だ。3年に一度の参院選が2回あり、14年と昨年はいずれも強引な衆院解散に打って出た。

    選挙に向け、政策の看板も次から次へと掛け替えてきた。

    誠に慌ただしい。

    長期政権にもかかわらず、なのか、長期政権を狙ったがゆえに、なのか。皮肉なことに、安倍政権がよって立つ「時間軸」は、極めて短いのである。

    それは日本政治の多年の弊ともいえるが、度が過ぎれば民主主義の健全さが失われる。

    学界、経済界、労働界の有志の集まり「日本アカデメイア」などは昨年12月、「先進民主政はどこへ向かうのか?」と題するシンポジウムを催した。

    ポピュリズムの広がりや既成政党の退潮といった欧米各国の現状が論じられる中、日本について指摘されたのは、やはり場当たり的な政権運営のあり方だった。

    「政権維持が自己目的化し、長期的見通しや政権担当期間を通じてのプログラムがない」(飯尾潤・政策研究大学院大学教授)

    その結果、何が起こるか。

    シンポでは、財政再建や地球温暖化対策といった政策課題を解決する難しさが挙げられた。

    長い時間軸の中で取り組まなければならないテーマである。今さえよければという姿勢では、まだ生まれていない将来世代に大きなツケが回る。

    https://www.asahi.com/articles/DA3S13297256.html?ref=editorial_backnumber

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514776225/

    【朝日新聞「安倍政権は長期なだけで運営は場当たり的。時間を無駄遣いしている」 】の続きを読む

    1: 2017/12/30(土) 01:31:12.59 ID:V62Ds64g0● BE:604527916-2BP(2000)
    no title


    韓国が竹島周辺の海底の呼び名を韓国語に変えようと圧力をかけていた2006年。朝日新聞OBの遠藤正武氏と麻生外務大臣が繰り広げたバトルを紹介しておきたい。
    遠藤正武「韓国語に変えましょうよ!」


    遠藤正武「海底の名前を韓国語に直したいというなら直してもいいんじゃないですか?この程度のことは。それはやっぱり駄目なんですか?」

    麻生外務大臣「(呆れたように笑う)あの…、世界的なルールが決まってますから(名前を変えるというのは)難しいですよね」

    遠藤正武「韓国は提案しようというだけでしょ?」

    麻生外務大臣「30年ぐらい前に我々の名前がついているわけですから、『日本海はダメ!東海に変えろ!』と言われても納得できないところだと思いますけどね…」

    遠藤正武「海底ですよね。韓国が国中をあげて沸騰していると」

    麻生外務大臣「はい(ニヤニヤ)」

    遠藤正武「日本はかつて創氏改名をやらせている。だったら海底の名前ぐらいはいいんじゃないかという気がする。それはダメですか?」

    麻生外務大臣「国際的に決められた名前を向こうの都合にあわせて変えるというのは例のない話。土地でもなんでも先に見つけたほうが勝ちと、世界中がそういうルールですから。日本の場合は30年前に終わってますから、 それを今さらなんで変えなくちゃいけないのと。名前がついているからと言ってその人の所有物でもなんでもないし…」
    国益を損ねる主張に唖然とさせられる。

    麻生太郎氏が名前を変える理屈を求めているのに対し、遠藤正武氏は何ら根拠を提示できず、ただ「変えましょうよ」「変えません」という押し問答が続く。傍から見れば麻生太郎氏のほうが圧倒的に正しいことを言っているわけで、遠藤正武氏の主張は意味不明。

    遠藤正武氏がやっているのはとんでもない歴史修正主義であり、割れ窓理論で説明されるように「海底ぐらいは…」と一度譲歩してしまったら奪われる一方になるだけ。


    一部抜粋続きはソース
    http://netgeek.biz/archives/109356 

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514565072/

    【朝日新聞OB・遠藤正武「日本は創氏改名をやらせた国だから、竹島の海底地名ぐらいは韓国語にしてもいい」 】の続きを読む

    1: 2017/12/25(月) 21:56:49.32 ID:CAP_USER9
    森友、加計学園問題をめぐる報道を「虚報」と決めつける書籍を出版され、名誉を傷つけられたとして、朝日新聞社は25日、執筆者で文芸評論家の小川栄太郎氏と発行元の飛鳥新社(東京)を相手取り、謝罪広告の掲載と計5千万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

    書籍は10月に出た「徹底検証『森友・加計事件』朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」。

    訴状によると、書籍は森友、加計学園問題の朝日新聞報道について「安倍(首相)の関与などないことを知りながらひたすら『安倍叩(たた)き』のみを目的として、疑惑を『創作』した」などと記載している。

     朝日新聞は「本社には一切取材もないまま、根拠もなく、虚報、捏造(ねつぞう)、報道犯罪などと決めつけている。事実に反した誹謗(ひぼう)中傷による名誉毀損(きそん)の程度はあまりにひどく、言論の自由の限度を超えている」とのコメントを出した。
    小川氏は全面的に争う姿勢を見せた上で、「言論機関が個人に対し、好意的でない文章を出したからと提訴するのは事実上の言論弾圧だ。朝日新聞の世論に対する影響力は高く、力の行使については政治権力と同じようなおもんばかりがなければならない。言論機関は言論の場で白黒つけるべきだ」と話している。小川氏は今月、正論新風賞に選ばれている。


    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514206609/

    【朝日新聞が検証本著者の小川栄太郎氏を提訴 森友・加計「捏造と決めつけ」】の続きを読む

    1: 2017/12/26(火) 00:32:52.95 ID:xHayot6f0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    no title

    【日刊ゲンダイ】朝日新聞・高橋純子氏 「安倍政権の気持ち悪さ伝えたい」

     新聞記者は、ウラを取って書けと言われるが、時に(エビデンス? ねーよそんなもん)と開き直る。政治部次長だった時に書いた朝日新聞のコラム「政治断簡」をまとめた著書 「仕方ない帝国」(河出書房新社)が評判だ。キチッとした優等生の文章が当然の朝日に おいて、時に〈『レッテル貼りだ』なんてレッテル貼りにひるむ必要はない。堂々と貼りにいきましょう〉とあおり、〈安倍政権は「こわい」〉と言い切る。テンポ良く、 小気味いいが、もちろん、炎上も数多い。そんな名物コラムはなぜ、生まれたのか?

    朝日新聞論説委員の高橋純子氏に聞いた。(略)
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/220001

    6: 2017/12/26(火) 00:35:55.84 ID:MStrophY0
    やっとスレ立ったか
    記者の感情のみで記事を作る新聞
    マジで頭おかしい

    9: 2017/12/26(火) 00:36:45.88 ID:D2yrNCmT0
    新聞記者がエビデンスないとか、さらっとヤバいこと言ってねーか

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514215972/

    【朝日新聞論説委員・高橋純子「安倍政権の気持ち悪さ伝えたい」「エビデンス?ねーよそんなもん」 】の続きを読む

    このページのトップヘ