色々まとめ速報

  • Twitter
  • RSS

    希望の党

    1: 2018/02/19(月) 23:24:54.97 ID:mP9XTUas0 BE:135853815-PLT(12000)
    no title

    民進、希望幹部が合流新党に意欲

    民進党の大塚耕平代表は19日夜、希望の党の泉健太国対委員長が東京都内で開いた政治資金パーティーで「野党を再結集させるのが私の仕事だ」と述べ、両党の合流と新党結成に意欲を示した。希望の党の古川元久幹事長も「一日も早く新しい党が実現することを祈念する」と強調した。

    泉氏は「立憲民主党と、(希望、民進両党が合流した)もう一つの政党をまずはしっかりと確立させ、さらに大きな対抗軸を作っていきたい」と意欲を語った。

    http://www.sankei.com/politics/news/180219/plt1802190036-n1.html

    最新の支持率
    no title

    no title
    https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_pol_politics-support-cabinet


    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1519050294/

    【民進党と希望の党が合流に意欲 支持率0・9%+0・3%で安倍政権と対峙へ 】の続きを読む

    1: 2018/02/12(月) 14:40:16.61 ID:CAP_USER9
    no title

    玉木雄一郎・希望の党代表(発言録)

     (安倍晋三首相の「国民投票で否決されても自衛隊は合憲だ」との発言について)国民(投票)にかけて、国民がおかしいと言っていることを、私が言っているから正しいんだというのは王様みたいなもの。権力者に王様のようなふるまいを許さないためにつくられているのが憲法で、そうした考え方が立憲主義。そのことを平気でふみにじるようなことを言っている安倍総理の改憲案は、極めて危険だ。

     党内でもし9条は変えないということで合意を得られるのであれば、それも一つの大きな柱にして、これから論戦あるいは国民に、しっかり訴えていけばと思っている。(12日、岡山県倉敷市の会合で)

    https://www.asahi.com/articles/ASL2D4K7LL2DUTFK001.html

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1518414016/

    【【希望の党】玉木雄一郎「安倍首相の立憲主義を踏みにじる改憲案は極めて危険だ」】の続きを読む

    1: 2018/02/07(水) 22:48:13.74 ID:CAP_USER9
    no title


    もはや支持率回復は絶望的です。詳細は以下から。

    玉木雄一郎代表ら執行部が思いとどまった希望の党の分党ですが、相手から三行半を突きつけられた格好です。

    希望の党の結党メンバーのひとりである松沢成文参院議員団代表が2月6日、党の古川元久幹事長と国会内で会談し、安保法制や改憲に関する執行部との見解の違いを理由に「分党」の協議を申し入れ、自身を含む5人の「分党リスト」を提出しました。

    この「分党」協議は7日の役員会で正式に提案されることとなり、分党手続きが始まります。分党リストに名前を連ねる後の4人は結党メンバーでもある「日本のこころ」組の中山成彬元国土交通相と中山恭子元拉致問題担当相、そして行田邦子参院議員と井上一徳衆院議員。

    玉木代表は1月31日の時点では「分党の話はない。一致結束して臨んでいくことが確認された」と強調していましたが、政党の要件に必要な5人が集まったことから今回の分党に踏み切ったものであるとのこと。「希望の党」の党名は松沢議員らのグループが引き継ぐ予定です。

    なお、松沢議員らと比較的立ち位置が近いと考えられていた結党メンバーの細野豪志元環境相や長島昭久政調会長らは残留する見通しとのこと。

    香典問題に加えて分党の話が二転三転することで玉木代表の求心力が低下することは必至。この上全国的な認知度を誇る「希望の党」という党名までもがなくなれば、残された元民進党右派の行き場はどこにもなくなってしまうことになりそうですが…?

    2018年2月7日14:06 バザップ 
    http://buzzap.jp/news/20180207-kibou-split/ 

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1518011293/

    【希望の党がやっぱり「分党」へ】の続きを読む

    1: 2018/02/06(火) 20:51:40.62 ID:CAP_USER9
    no title

    選挙区で秘書が香典を支払ったことは違法ではないと説明しました。

    希望の党・玉木代表:「香典袋に、あるいは受付に議員名を書かないなどの本人類推されないような最大限の必要な対応は行いながらやってきたので」

    希望の党の玉木代表は2010年以降、約167万円の香典の支出があったことを認めました。
    ただ、秘書が政党支部の活動として持参したもので違法ではないと説明しました。そのうえで、「葬儀などへの支出は一律禁止にする法改正が必要だ」という考えを示し、代表の辞任は否定しました。

    ソースANN
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180206-00000047-ann-pol

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1517917900/

    【【ブーメラン】希望の党・玉木雄一郎「香典は違法ではない」】の続きを読む

    1: 2018/02/03(土) 21:28:54.02 ID:CAP_USER9
    http://netgeek.biz/archives/111828

    no title

    no title

    no title

    no title


    線香の配布問題で茂木担当相の議員辞職を要求していた玉木雄一郎(希望の党代表)が59万円の不審な慶弔費を計上していたことが分かった。
    これは公職選挙法違反では…?セーフだとしてもブーメランであることは間違いない。

    公職選挙法では政治家(政党支部)が名前を出して有権者に寄付する行為が禁じられている。玉木雄一郎が計上した慶弔費(110件59万円)は要するに有権者に金をばら撒く行為ではないか。

    絶体絶命のブーメランに玉木雄一郎は顔をこわばらせて釈明する。法解釈は捻じ曲げられようとも、ブーメランという指摘には反論の余地がない。

    希望の党のHPでは、まるで自分自身を説教するかのような茂木担当相に対する厳しい意見がみられる。

    玉木雄一郎は「公職選挙法に基づいたものなので違法性はない。手帳や線香を配ることと香典を持参することは別」と見解を示した。だが有権者は納得しない。

    2010年からグレーな慶弔費が支出されている。こんな危ない橋を渡るとは…。

    他人に厳しく自分に甘くということか。政治と金の問題はいつの時代も切っても切れない。
    今回の問題発覚について与党と野党は大変ざわついている。

    そして昨夜まで「線香!線香!」と騒いでたマスコミは急に沈黙。線香のせの字も言わなくなった。

    報道ステーション(テレビ朝日)。

    NEWS23(TBS)。

    オリンピック競技にブーメランがあったら金メダル間違いなし。ブーメラン玉木雄一郎の見事な自虐ギャグにずいぶんと楽しませてもらった。

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1517660934/

    【玉木雄一郎に慶弔費ブーメランw『線香』で騒いでいたマスコミは急に沈黙】の続きを読む

    1: 2018/02/03(土) 16:08:18.08 ID:PpSU3kIn0 BE:135853815-PLT(12000)
    no title

    「線香」野党に飛び火 民進系“お家芸”再び 希望・玉木代表「出処進退」促したのに茂木氏と同様説明

     茂木敏充経済再生担当相の「線香配布」問題が2日、野党議員に飛び火した。
    6党合同でヒアリングを開催するなど本格的に茂木氏への追及を強めようとしていたタイミングで出ばなをくじかれた。
    民進党が分裂し、立憲民主党、希望の党と党名は変わったが、お家芸の「ブーメラン」のDNAは連綿と息づいている。(小沢慶太、沢田大典)

     野党側は、茂木氏にターゲットを絞り予算委員会などで攻勢を仕掛けることをもくろんでいた。
    希望の党の玉木雄一郎代表は、自身の慶弔費支出が判明する前の1月30日、茂木氏について「出処進退を自ら判断すべきだ」と記者会見で述べ、暗に辞任を促していた。

     見事にブーメランを被弾した玉木氏は自身の慶弔費支出について「政党支部の活動」とコメントしたが、これでは茂木氏の釈明と選ぶところがない。
    玉木氏は2日に予定していた記者会見を「会見するほどの事態ではない」(周辺)として取りやめた。単にバツが悪かっただけではないか。

     先月29日の衆院予算委員会で茂木氏に質問した希望の党の大西健介選対委員長も、関連団体による香典支出が発覚した。事務所は「確認中」としている。

     元民進党代表でもある立憲民主党の蓮舫参院国対委員長も今月1日の参院予算委員会で「線香をタダで配る、政治活動の目的を教えてください」「線香を配ると党勢が拡大するのか」と茂木氏に迫った。
    ところが、立憲民主党の近藤昭一副代表や風間直樹参院議員が政党支部や関連団体の収支報告書に線香代を記載していたことが判明し、きれいにブーメランが決まった。
    両氏の事務所に配布の有無などを尋ねる質問状を送ったが、2日夜の時点で返答はない。

     同様のケースは民進党政調会長時代の山尾志桜里衆院議員(現立憲民主党)にも発覚している。
    当時は民進党幹事長だった立憲民主党の枝野幸男代表は2日、記者団に問われて歯切れ悪くつぶやいた。

     「立憲民主党に入ってからの話でもないので、必要があれば本人が説明するのではないか…」

    http://www.sankei.com/politics/news/180203/plt1802030006-n1.html

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517641698/

    【【線香】希望・玉木雄一郎は記者会見取りやめ逃亡w 民進系に息づくブーメランのDNA】の続きを読む

    1: 2018/02/02(金) 23:36:11.53 ID:4JJbCRWJ0 BE:135853815-PLT(12000)
    no title

    希望・玉木代表、慶弔費めぐる疑惑で釈明コメント

    茂木経済再生担当相の秘書による線香の配布をめぐり、野党が追及する中、希望の党の玉木代表が慶弔費をめぐる疑惑を報じられ、釈明のコメントを発表した。

    玉木氏をめぐっては、自身が代表を務めていた政党支部が、2010年から2012年の間に、慶弔費として総額およそ59万円を支出していたと、一部メディアが報じた。

    これを受け、玉木氏はコメントを発表し、「秘書が葬式に参列し、民主党香川県第2区総支部として持参したもの」と説明し、
    「政党支部の活動として支出したもので、公職選挙法に基づいたもの」だとして、違法性はないとの認識を示した。

    さらに、茂木大臣の場合と比較し、「社会通念上、手帳や線香を配って回ることと、党員などの葬式に、その都度参列して、香典を持参することは別だ」と主張している。

    希望の党を含む野党6党は、茂木大臣の問題について、総務省から合同で聞き取りを行うなど、追及を強めているが、
    政府・与党からは、玉木氏について、「ブーメランだ」、「線香よりやばいのでは」といった声も出ており、今後の野党側の追及に影響が出る可能性もある。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180202-00000859-fnn-pol

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517582171/

    【希望の党・玉木雄一郎の「慶弔費」問題、茂木大臣の線香より遥かにヤバイことが判明wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ