色々まとめ速報

  • Twitter
  • RSS

    河野太郎

    1: 2018/01/17(水) 14:23:22.52 ID:CAP_USER9
    no title

    【バンクーバー=大橋拓史】河野太郎外相は16日午前(日本時間17日未明)、訪問先のカナダ・バンクーバーで韓国の康京和外相と朝食を交えて会談した。会談は通訳なしの1対1で行われ、河野氏は日韓合意をめぐる韓国政府の新方針について「日本側にさらなる措置を求めることは全く受け入れることはできず、協議にも応じられない」と強く抗議した。

    新方針に関する説明は康氏から先にあったといい、これを受けて河野氏は日本側の立場を伝えた上で、合意の着実な実施を強く求めた。

    韓国政府は9日に発表した新方針の中で、日本が合意に基づき拠出した10億円を凍結した上で同額を韓国が負担し、凍結分については扱いを日本側と協議していくことを主張。文在寅大統領も新方針を受けて元慰安婦への「心からの謝罪」を要求するなど、「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した合意の事実上の見直しを迫っている。

    河野氏は慰安婦問題に加えて、日韓間の新たな火種となっている徴用工問題に関しても言及し、韓国の民間団体が釜山の日本総領事館前に徴用工像を設置する計画を進めていることに触れて、計画が実施されないよう対応を求めた。

    一方、康氏は来月開幕する平昌五輪に合わせて、安倍晋三首相の訪韓を改めて要請したが、河野氏は「国会日程などを踏まえ、検討されることになる」と述べるにとどめた。

    河野氏は韓国が不法に占拠している竹島(島根県隠岐の島町)をめぐる問題も取り上げ、「竹島は日本固有の領土」とする日本の立場を申し入れた。

    両外相は北朝鮮情勢への対応にあたっては、圧力を最大限まで高めるべきだとの認識で一致した。

    http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170016-n1.html

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516166602/

    【【日韓外相会談】河野太郎外相 「竹島は日本固有の領土」】の続きを読む

    1: 2018/01/12(金) 23:04:09.69 ID:CAP_USER9
    随分と偉い身分になったもんだ。慰安婦問題をめぐる日韓合意の見直し方針を公表した韓国政府に抗議の意思を示した河野太郎外相のことだ。「日韓合意は国と国との約束だ。政権が代わっても責任を持って実施されなければならないというのが国際的かつ普遍的な原則だ」とカンカンだったが、そんなにエラソーなことを言えるのか。

     そもそも近年、慰安婦問題を深刻化させた原因のひとつは安倍政権だ。過去の宮沢政権は慰安婦問題について、慰安所の設置や管理に旧日本軍が直接、間接的に関与していたことを認め、多くの女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題だった――と指摘。河野外相の父親である当時の河野洋平官房長官が1993年、おわびと反省の気持ちを表明する談話を発表し、歴代の内閣はこの「河野談話」を踏襲することも決めていた。ところが、第2次安倍政権が突然、「河野談話」の作成経緯を検証する方針をブチ上げたことから、再び慰安婦問題がこじれ始めたといっていい。

    竹島領土問題の「一時棚上げ」じゃないが、せっかくオヤジが苦労して慰安婦問題を前進させようと尽力したのも水の泡となったのだ。息子だって分かっているはずだろう。大体、国民生活を一切顧みず、モリカケ疑惑でも説明責任を果たすどころか、逃げ回るばかりの破廉恥政権が他国の政府に約束を守れ! なんて居丈高に言える資格があるのか。

    ■浪費する気マンマン

     河野外相にしても、かつては外務省を「害務省」と批判し、行革担当相時代には在外公館の人員削減を主張。ところが、自分が外相に就いたら「これからは人を増やすよ」と方針を百八十度転換だ。自民党の行政改革推進本部長、無駄撲滅プロジェクト座長として「頂いた税金を無駄遣いするわけにはいきません」「無駄なものは削除する」と言っていたのに、「夜の空港待ちが我慢できない」なんて子供じみた理由で外相専用機がほしい――とおねだりである。それも、ウン十億円もする米ガルフストリーム社のプライベートジェット機「G650ER」を指定したというから呆れる。税金の無駄遣い撲滅は一体どこへやら。浪費する気マンマンではないか。
    (以降ソースにて)

    2018年1月12日 日刊ゲンダイ 
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/221098 

    引用元: http://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1515765849/

    【【国難/害務省】韓国に居丈高で抗議 河野太郎がどんどん天狗に】の続きを読む

    1: 2018/01/09(火) 16:28:40.09 ID:CAP_USER9
     no title

    河野太郎外相は9日、従軍慰安婦問題をめぐる2015年の日韓合意に関して「韓国側が日本側にさらなる措置を求めることは全く受け入れることはできない」と語った。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が日韓合意への新方針を発表したことを受け、外務省内で記者団に語った。「韓国政府が最終的かつ不可逆的なものとして合意を着実に実施するよう引き続き強く求めていく」と述べた。

     元慰安婦支援の財団に日本政府が拠出した10億円を韓国政府が全額負担するとした内容については「まず東京とソウルでただちに抗議を申し入れる」と述べたうえで「真意について説明を聞きたい」とも話した。

    配信2018/1/9 15:30
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25454470Z00C18A1000000/

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515482920/

    【【河野外相】慰安婦問題 「追加措置受け入れず」10億円韓国政府負担 「ただちに抗議を申し入れる」】の続きを読む

    1: 2017/12/27(水) 17:43:16.21 ID:jxHEtX5m0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    no title

    合意変更「受け入れられない」と河野外相

    河野外相は、慰安婦問題に関する日韓合意の変更は「断じて受け入れられない」と表明した
    https://this.kiji.is/318666155330028641

    68: 2017/12/27(水) 18:25:33.17 ID:Ib+juciB0
    >>1

    河野太郎は案外やるな
    最初は親父がアレだから外相としては
    せいぜい60点くらいしか期待していなかったが
    今では70点くらいはあげてもいいと思うようになった

    103: 2017/12/27(水) 18:45:35.67 ID:TeZYt1go0
    >>68
    よくやってるはずなのだが親父のせいでまだ油断できないと思ってしまう

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1514364196/

    【河野太郎外相「最終的、不可逆的な合意の変更なんぞ受け入れられるわけーねーだろ、ったく」 】の続きを読む

    1: 2017/12/19(火) 12:25:33.16 ID:Fyoc2K+I0 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    日韓外相会談 河野太郎外相は検証結果問わず日韓合意の履行要請を

     河野太郎外相は19日午前、東京都内の飯倉公館で韓国の康京和外相と会談した。
    康氏は、日韓合意の成立経過を検証する同氏直属の作業部会が年内に結果を公表する前に、
    検証の進捗状況を説明するとみられる。日本政府は合意見直しに応じない立場で、
    河野氏は検証結果にかかわらず日韓合意の着実な履行を求める構えだ。康氏の来日は
    外相就任後初めて。

     日韓合意は今月28日で成立から2年となる。韓国政府は作業部会の検証結果をふまえ、
    政府としての立場を表明する方針で、日韓合意の再交渉を要求する可能性がある。
     一方、韓国側は2月の平昌冬季五輪にあわせた安倍晋三首相の訪韓を要請しており、
    日韓合意をめぐる二国間関係のさらなる悪化は避けたいところだ。検証結果公表前に
    康氏に進捗状況を説明させることで「韓国なりの誠意」(外務省筋)を示す意図が
    あるとみられる。(略)
    http://www.sankei.com/politics/news/171219/plt1712190006-n1.html
    no title


    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513653933/

    【【パヨク速報】康京和韓国外相「日韓合意を検証してまして…」 河野外相「知るかボケ とっとと像どけろよ」 】の続きを読む

    このページのトップヘ