色々まとめ速報

政治やニュースを中心にまとめています

  • Twitter
  • RSS

    漫画村

    1: 2018/04/24(火) 19:44:29.11 ID:LGzYLgpP0
    no title

    川上量生 公式ブログ

    ブロッキングについて
    2018/04/24 17:48 投稿

    ブロッキングに関連する話題が沸騰しています。

    この話題について書く前に、まず私の立場を明らかにしておきたいと思います。まず、私はカドカワ株式会社の代表取締役社長を務めており、子会社には大手出版社である株式会社KADOKAWAがあるという意味で当事者でもあります。
    また、カドカワのもうひとつの子会社である株式会社ドワンゴは、ニコニコ動画などを運営しているウェブ企業であり、私はドワンゴの創業者でもあります。
    そういう意味では、今回のブロッキングについては出版社という権利者としてだけでなく、規制される可能性を心配すべきかもしれないウェブ事業者でもあるということで、2重の意味で利害関係者となります。

    さらには、政府の知財本部では本部員として、今回の緊急対策にいたる重要な会合の多くに出席しており、その当事者のひとりでもあります。

    結論からいうと、今回の緊急避難的な3サイトのブロッキングについて、積極的な姿勢を示した政府の決定を支持します。ネットなどをみても、議論に時間をかけていない、いきなりすぎると、批判の声があがっていますが、政府がいかに緊急の事案であったとしても、こんなに迅速に対策を練り、実行にうつすのは珍しいことではないでしょうか。
    普段、政府の行動の遅さ、危機感の無さに文句をいっているであろう我々が、政府の行動が早いことに対して、まず批判から入るのはフェアではないと思います。

    (中略)

    出版社側の立場としてここまで書いてきましたが、海外の違法サイトに対してブロッキングが唯一、有効な対抗手段だという指摘は、じつは出版社である現KADOKAWAとドワンゴが経営統合する以前から、私が唱えている持論です。

    なぜブロッキングが、海外の違法サイトに対して唯一、有効な手段かというと、海外に置かれているサーバーに対して、日本の公権力を具体的に行使する手段がないからです。海外におかれているサーバーが日本人向けのサービスをやっている場合は日本の法律が及ぶし、日本でも裁判ができるという考え方はわりと最近は一般的なものになってきました。
    ただ、判決に強制力が伴わないので、たとえ日本の裁判に勝ったからサーバーを止めろといっても相手が従わなかったら終わりです。結局、現地で裁判をおこすしかありません。
    日本人向けの違法サイトをわざわざ海外のサーバーにおく業者は、日本人が裁判をおこすのが難しい、あるいは現地政府の強制執行力もあまり期待できない国をわざわざ選びますから、非常にやっかいです。

    現実問題として、海外の悪質な、確信犯的に運営されている違法サイトに対しては、ブロッキングしか対抗手段が原理的にありえないということは強調したいと思います。そしてインターネット業界がこのことを分かっているはずなのに回避手段があるからと曖昧に誤魔化していることは、欺瞞であるとさえ思います。

    実はブロッキングに対してインターネット業界から出ている批判は一点で、ブロッキングには回避手段があるから実効性に欠けるということだけです。では、別にブロッキング以外の技術的な解決策はあるのかというと、だれも答えられません。
    インターネット以外の別の方法で、という主張になるのでしょうが、さきほど説明したとおり、日本の法律と強制力が及ばない海外において、どういう手段があるのでしょうか? 
    要するにすべて現地で裁判をおこせ、ということになりますが、裁判が時間切れで役に立たない手法はすでにCDNと防弾サーバーという組みあわせで実現しています。CDNとは、世界中に配置されたサーバーを使ってコンテンツを配信するサービスです。
    また、防弾サーバーとは、誰が運営しているかわからないように匿名化されているサーバーを指します。漫画村をはじめとする違法サイトはこの2つを利用して運営者の身元の特定ができないようにしており、海外で裁判を起こしても被告の特定だけで膨大な時間がかかり、その間にIPアドレスのログの保存期間が切れるので追跡不可能になります。
    そして裁判の間もずっと被害は拡大し続けるのです。


    結局、回避手段があるとしても、根本的に有効な方法はブロッキングしかありません。

    詳細は以下ソース
    http://ch.nic●ovideo.jp/kawango/blomaga/ar1496563

    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1524566669/

    【ドワンゴ・川上量生「なぜ漫画村を遮断することがいけないのか?」】の続きを読む

    1: 2018/04/18(水) 02:17:50.34 ID:xHpdjwzl0● BE:243666112-2BP(2000)
    no title

    政府が緊急措置として接続遮断(サイトブロッキング)先の一つとして名指ししていた漫画雑誌などを無料で読める海賊版サイト「漫画村」が17日午後3時半ごろから接続できなくなった。

    接続事業者の関係者によると、事業者側ではサイトへの接続遮断をしておらず、運営者側が関連するサーバーへの経路を自ら閉じたとみられる。数日前から接続が不安定になっていた漫画村は17日午後3時32分、接続できなくなった。

    業界関係者によると、漫画村のアドレスが使えなくなったためとみられる。さらに海賊版漫画の画像データが保管されていた別のサーバーへの接続もできなくなった。これらの操作は、運営管理者ら内部を知る人物しか設定することができず、事実上閉鎖したとみられる。

    コンテンツ海外流通促進機構(CODA)の集計によると、漫画村は昨年9月からの半年間で、同サイト訪問者数は延べ6億2千万人。被害金額は推計で約3200億円に達するという。日本国内からの接続が9割以上を占めていた。(編集委員・須藤龍也)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000054-asahi-soci

    引用元: https://fate.5ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1523919975/

    【『漫画村』述べ6億2千万人が訪問、出版業界の被害金額は3200億円wwww】の続きを読む

    1: 2018/04/17(火) 20:05:27.68 ID:gz+U/yS90 BE:132464407-2BP(1500)
    no title

    海賊版サイト「漫画村」に接続できず 運営側自ら閉鎖か
    4/17(火) 18:31配信

     政府が緊急措置として接続遮断(サイトブロッキング)先の一つとして名指ししていた漫画雑誌などを無料で読める海賊版サイト「漫画村」が17日午後3時半ごろから接続できなくなった。

    接続事業者の関係者によると、事業者側ではサイトへの接続遮断をしておらず、運営者側が関連するサーバーへの経路を自ら閉じたとみられる。

     数日前から接続が不安定になっていた漫画村は17日午後3時32分、接続できなくなった。業界関係者によると、漫画村のアドレスが使えなくなったためとみられる。

    さらに海賊版漫画の画像データが保管されていた別のサーバーへの接続もできなくなった。これらの操作は、運営管理者ら内部を知る人物しか設定することができず、事実上閉鎖したとみられる。

     コンテンツ海外流通促進機構(CODA)の集計によると、漫画村は昨年9月からの半年間で、同サイト訪問者数は延べ6億2千万人。被害金額は推計で約3200億円に達するという。日本国内からの接続が9割以上を占めていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180417-00000054-asahi-soci

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523963127/

    【【悲報】漫画村、ガチで死亡wwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/17(火) 00:17:32.96 ID:FpK/ZMeY0 BE:757453285-2BP(1000)
    no title

    メディアドゥが「海賊版サイトの影響」で業績下方修正 
    海賊版サイトの影響示すデータも公開
    4/16(月) 23:54配信

    電子書籍流通事業などを手掛けるメディアドゥホールディングスは4月13日、
    海賊版サイトによるマンガ業界への被害状況をまとめた4つの資料
    (いずれもメディアドゥをサイトで公開しました。
    また合わせて、海賊版サイトの影響により、
    2018年2月期(2017年3月1日~2018年2月28日)の
    業績が予想を下回ったことも発表しています。

    no title


    最初の資料は、ある若年層向け電子書店の売上を示したもの。
    それまでは前年同月比で140~150%の成長を維持していましたが、
    海賊版サイトの利用者数が増加したとされる2017年9月以降はグラフが落ち込み、
    11月以降は前年同月比で110%程度の増加にとどまっています。

    http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/16/l_nt_180416mediado01.jpg

    資料2は、ある電子書店における「ある大手漫画出版社A」の売上額推移をグラフにしたもの。
    2016年以降、多少の波はあるものの拡大傾向にあったA社でしたが、やはり2017年9月を境に減少傾向に。
    最新の2018年2月の数字を見ると、2年前の水準にまで低下しています。 

    no title


    また資料3では別の出版社Bの電子漫画売上(前年同月比)を月別に
    グラフ化していますが、ここでもやはり2017年7月ごろから売上が低下。
    2017年10月以降は前年を下回るなど、より減少傾向が顕著となっています。

    no title


    最後の資料4では、ある人気タイトルの最新刊とその前巻の売上を年齢別に比較。
    全体では約20%強の減少となっているほか、年齢別で見ると15~19歳と、
    50歳以上で特に落ち込み幅が大きい(30%以上)という結果に。
    中でも読者絶対数の多い「15~24歳」における最新刊売上への影響が顕著であるとし、
    「若年層に向けた著作権教育の重要性が高い」と指摘しています。

    no title


    もちろん、売上の増減には海賊サイト以外にもさまざまな要因が絡んでくるため、
    これらが全て「海賊サイトの影響」と断定するのは早計です
    (例えば単行本は通常、巻数を重ねるほど売上は下がる傾向があり、
    どこまでが海賊サイトの影響による減少なのか、これだけで測定することは不可能)。
    ただ、とはいえ電子書籍の売上は近年安定した成長傾向にあり、それが
    (少なくとも提示されたデータを見る限りでは)2017年秋を境に
    一斉に減少傾向に転じているというのは興味深い事実です。

    併せて、同日公開された業績報告でも、やはり
    「電子書籍事業のマンガ配信において海賊版サイトの多大な影響を受け、
    伸び率が鈍化する結果となりました」と説明。
    同社は現状について「海賊版サイトは運営管理者の特定が困難であり、
    侵害コンテンツの削除要請ができないことから、閉鎖や無効化に向けた
    有効な手立てが不足している状況」と説明しつつ、根絶に向けて
    関係者との協議を重ね、対策を検討しているとコメントしています。


    引用元: https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1523887739/

    【「漫画村により売上が下がった」明確なデータが提示されてしまうwwwwww】の続きを読む

    1: 2018/04/13(金) 18:26:58.47 ID:CAP_USER9
    a

    出版社の講談社は13日、政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で「漫画村」などの“海賊版サイト”への対策を決定したことをうけ、現状と今後の対策について緊急声明を発表した。 

    同社は海賊版サイトへの横行について「いずれの形においても著作権侵害行為は著作者の不断の努力やその才能を踏みにじるものです」と断言。政府がブロッキング対象にした「漫画村」「Anitube」「MioMio」の3サイト以外にも「依然として多数存在」するとし、「これらの違法サイトの運営者、関係者たちは、著作者ら多くのクリエイターの成果を許諾なく公開し、莫大な収益を得ています」と糾弾した。 

    これらのサイトによって、出版界ではコミックに限っても被害額は「数兆円規模」と試算し、「この状態が続けば、コンテンツ産業は立ち行かなくなります」と明言。違法アップロードが組織的犯罪であることが明らかになる中で、「現状を放置すれば、日本のコンテンツ産業を根底から破壊し、すぐれた才能を枯渇させることは明らかです」と訴え、未来に渡る発展のためにISPや流通事業者への協力も求めた。 

    今後の対策として「海賊版サイトを始めとするあらゆる権利侵害行為に対して、講談社は今後も刑事告訴や民事での提訴など断固たる姿勢で臨んでまいります」と意思を表明している。

     https://www.oricon.co.jp/news/2109502/full/
    追加ソース
    2017年コミック市場 単行本の売り上げ、紙を電子が初めて上回る 紙全体も初のニ桁台の落ち込み
     全国出版協会は2月26日、2017年のコミック市場の統計を発表しました。紙と電子を合わせた市場規模は前年比2.8%減の4330億円となり、コミックス(単行本)の売り上げに関しては紙を電子が初めて上回りました。
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1802/26/news104.html

    引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523611618/

    【講談社「海賊版横行でコミックの被害額は数兆円」】の続きを読む

    1: 2018/04/11(水) 23:38:32.67 ID:3XQPhzdf0● BE:316123782-2BP(2000)
    no title

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00050110-yom-pol

    漫画やアニメ無料「海賊版サイト」、遮断要請へ
    4/11(水) 20:09配信 読売新聞
     政府は、インターネット上で漫画や雑誌、アニメなどを無料で読める「海賊版サイト」への接続を遮断するよう国内のプロバイダー(接続業者)に要請する方針を固めた。

     著作権侵害を食い止める狙いがあり、13日にも知的財産戦略本部と犯罪対策閣僚会議の会合を開き、対策を決定する。

     サイトへの接続遮断はこれまで、児童ポルノに限り、警察庁などから情報提供を受けた事業者らの団体が刑法上の「一時的な緊急避難措置」として実施してきた。政府は広告業界に対しても、海賊版サイトに広告を出さないよう要請する方針だ。

     コンテンツ海外流通促進機構によると、海賊版サイトによる被害額(推計)は昨年9月~2018年2月で約3200億円に達している。

     菅官房長官は11日の記者会見で、「コンテンツ産業の根幹を揺るがす事態となりかねない。早急に対策を講じたい」と語った。

    引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523457512/

    【日本政府「海賊版サイト」を接続遮断へ】の続きを読む

    このページのトップヘ